給与計算ソフトなどのテクノロジー導入に必要な要素

給与計算ソフトを利用するにはパソコン本体と、ディスプレイやメモリ、そしてハードディスクに一定の空き容量が必要となります。

また、作成した給与明細をプリントアウトするために、A4サイズ以上の大きさの用紙に印刷可能なカラープリンターが必要となります。
カラープリンターは、インクジェット式のプリンタが推奨されることが多いですが、レーザープリンタでも構いません。

OSは国内で使用されているものならすべてのOSに対応しています。


給与計算ソフトのシステムには、制限が課されていることがあるため、どのソフトを選ぶかを判断するときに、導入する会社の規模や条件に合致しているかをチェックしておくのが望ましいとされています。給与計算ソフトのシステム制限の代表的なものとして、従業員数があります。
利用可能な従業員数がソフトごとに決まっているのです。

従業員数が300人以上いるような大企業では、その社員数に対応したソフトウェアを選んでおかないといけないのです。

標準的には約50名までの従業員数がリミットとなっているものが多くなっています。

次に手当の項目にも数に限りがあります。

住宅手当や家族手当など、各企業によって手当の種類や名称などが異なっていますが、それらの手当もだいたい12項目程度が上限となっています。

この種のテクノロジーをストレスなく利用するには使用するPCは新しいほど良いのですが、テクノロジーの進化によって古いパソコンでも動くように工夫されています。


古いPCしかない企業でも最新のテクノロジーが導入しやすいように配慮されているためです。